生徒の体験談

生徒の体験談

鬼のように、間違った発音をキャッチする先生達!

初めてオーストラリアに着いた時は、英語で喋ってみるのが楽しくて楽しくてたまりませんでした。なんのためらいもなく喋りまくっていた私ですが、カランの体験レッスンに参加した時は、ショックで何かに頭をぶつかったような感じでした。もし私がカランで勉強しなかったら、ネイティブじゃないと、気づきにくい微妙な発音の違いは多分一生解らなかったと思います。

授業中、先生達から直される発音の半分以上は、全然間違っていると知らなかった発音だらけです。 例えば、‘rice’ と‘lice’ の違いは、なかなか直されないけど、少なくとも気をつけなければいけないというのは自覚しています。

でもカランの授業では、こういう物だけじゃなくtheやbusinessみたいに全然気にしなかった発音、難しいと思ってなかった発音、違いがはっきり解らない発音を直してもらってびっくりしたのです。「これ位なら、もういいだろう、、」と自分で納得しながら発音したら先生達は鬼のように指摘してきます。

それだけではありません。最初は先生の質問が早すぎて殆ど聞き取れませんでした。後で、テキストで確認すると本当に簡単な文章だった事が何回あったものか、、

でも2,3週間が経つうちに、初めて聞く質問も全部聞き取れる位早く成長しました。だから授業が毎日楽しく、英語の勉強に対する拒否感も少なくなりました。韓国で20年間感じてきた、英語に対する拒否感を2週間で解決してくれるとは、、

それに集中力が無くて、どんな授業でも居眠りしてたり、他の事を考えてたりした私に50分中集中させてくれた唯一な授業! ぼっとしていたら、直ちに先生の質問の攻めが入ります^^;

せっかく海外にまで英語を習いに来た皆さんにカランメソッドを薦めてあげたいです。私が感じたのを他の方もぜひ体験してほしいです。何が間違っているか知らなければ、直すようがないと思います。自分の出来ていないきちんと発音を教えてくれたカランメソッドに感謝しながら、、、

 無料体験レッスン・カウンセリング予約はこちら

オーストラリアで唯一のカランメソッド本校 認定校

TOEIC Public Test Centre 認定校

次の試験日:2018年08月31日

ページの先頭に戻る