生徒の体験談

生徒の体験談

僕は韓国で、5年以上通っていた仕事を辞めて、…

僕は韓国で、5年以上通っていた仕事を辞めて、他の人より高年齢で研修に来ただけに、英語は絶対マスターしようという意志が強かったんです。英語の勉強をしたのは随分前だし、仕事に追われて、語学研修を考える事も出来ませんでした。だから、シドニーに来てから最優先の課題は学校選択でした。一からやり直そうと決心しました。

まずはGeneral Englishコースを他の学校で12週間受講しました。最初は国籍比率がいいという理由で、かなり満足していましたが、あまりにも基礎からスタートしたせいか、現在時制や過去時制などからやり直すような感じでした。それに南米やヨロッパーからの学生はやたら喋りたがるので、なかなか授業が前に進まなかったんです。面白いことに、毎週のテストで韓国人や日本人がいつも1,2位をとるけど、授業中には本当に喋れないという事です。だから授業は主にブラジル、スペインのクラスメートがリードし、おしゃべりであるほど早く伸びるという事に気づきました。 私もたくさん喋りたいとは思っていたけど、頭の中はいつも訳す(?)のに精一杯でうまく喋れませんでした。そんな12週が終りかけた頃、スピーキング専門学校であるJECを勧められ、体験レッスンに来ました。

JECは CALLAN METHODを導入して、システム的に教えているようで気にいりました。体験レッスンの時は、あまりにも早い先生のスピードについていけるかどうか心配だったけど、難しそうなやり方にかえって惹かれてチャレンジする事にしました。

JECでの始めての週は、さすがに大混乱でした。1週間分の復習をする1時間目、最近ならったものと新しい所を習う2時間目、1ヶ月前習ったものを元にして、自分で文章を作る3時間目。ほぼ全てが新しく習うものだったので、よく理解出来ず、ただ先生の口だけを見ながら、リピートするオウムみたいだという気もしました。ちょっと自分には難しすぎるのではないか、どうすれば他に学生のようにうまくついていけるかと気になってしかたがありませんでした。しかし2週間後、知らず知らずに聞き取れるようになり、少しずつ理解しやすくなってきました。かつては一言喋るために、頭の中で文章を英語で書いたり消したりしたけど、段々そういう時間も減り、スピーキングが楽しくなってきました。

多くの人達が、 JECの一番強い点は、「発音の矯正」だというけど、僕は「リスニング力のアップ」をまず伝えたいです。毎時間先生が替わり、男性・女性、低音・高音など多様な声に接する事が出来るのと、集中するしかない CALLANの教え方がリスニングを早く伸ばしてくれます。また、数え切れないほどのリピートを通じて、文章を自然に覚えられて、実践で活用出来るのもとてもいいと思います。特に、英語に対して恐怖(?)を持っていて、喋れないという方にお勧めしたいです。一日、3時間だけど、すごい集中を要するやり方だけに、とても効果的だし、仕事も平行してやりたい方にもってこいですね。

 無料体験レッスン・カウンセリング予約はこちら

オーストラリアで唯一のカランメソッド本校 認定校

TOEIC Public Test Centre 認定校

次の試験日:2018年08月31日

ページの先頭に戻る