JECについて

医療英語コミュニケーションコース

「現場で使える」医療英語を学ぶ! 超実践的!

下記に一つでも当てはまる人にお勧めです。

医療従事者の声がコースになりました。

「実際に働いているけど、外国人を目前にすると単語しかでてこない。」

JET English Collegeの医療英語では、様々な状況に応じたロールプレイをたくさん行い、常に「単語」ではなく「文章」で練習するのが特徴。状況を想像するだけではなく、先生やクラスメイトの前で実際に声に出して練習するから、実感がわいて文章をより覚えることができます。「ロールプレイをしてみると話すことの重要さがわかる!」という実感が、本場での成功を生み出します。

「いつも同じ言い回ししか使わないけど、失礼じゃないのかな?」

母国語で患者に接していても気になる言葉の使い方。わからない英語だと知らず知らずのうちに失礼な事を言っているかもしれません。JET English Collegeの医療英語では、ひとつの言い回しだけでも数種類にわけての言い方を学びます。「失礼にあたらない丁寧な言い方」、「仲の良い人へのかしこまってない話し方」など、表現方法のバリエーションを増やすことで、言葉の使い方の不安を解消し、普段の英語力も向上させます。「この表現方法を習えてうれしかったです。」という喜びが、新しい表現方法の学習につながります。

「外国人医療従事者と同じ言い回しで話しているのに、同僚にも患者にも英語が通じない」

同じ言い回しで話しているのに通じていないのは、発音に原因がある場合が多いです。JET English Collegeの医療英語はカランメソッドの講師が教えているので、発音矯正にも厳しく、ロールプレイ中など、間違ったらその場で発音を正してくれます。「ちょこちょこカラン方式がでてきておもしろい!」と発音を気にしている人には発音と医療英語の両方が学べて一石二鳥です。

「自国との違いを伝えられない!何て言ったらいいのかな?」

コミュニケーションが取れていないときの原因は、英語によるものだけとは限りません。患者や同僚の文化背景がわからないと、英語が話せても根本的な解決は図れません。JET English Collegeの医療英語は、英語を教えるだけでなく、実際の施設の背景等も英語の説明の合間合間に説明を挟んでくれます。これもオーストラリアの医療施設で働いていたことのある講師を持つJET English Collegeならではの特徴です。

「患者や同僚と笑って接することができない。人間関係が難しく感じる」」
英語力のあるなしに関わらず、「自信がない人」、「元気がない人」は誤解されやすく、人間関係も難しく感じてしまうかもしれません。特に言語が通じない場合は、言葉でカバーできない分、しぐさ・表情・ジェスチャー等の非言語コミュニケーションは勤務先での人間関係を育むためにもとても重要な要素と言えます。JET English Collegeでは先生・生徒・スタッフがいつでも笑顔を絶やさず、元気で話しています。「先生の明るさがフルで出ていて楽しかった!」という声があるぐらい、先生・スタッフから元気をもらって、そして医療英語で自信を養い、患者や同僚にも元気に話しかけましょう!

入学スケジュール(英語力条件)

医療英語コース入学までの流れ

JET English Collegeの医療英語では入学基準を「Intermediate以上」と設定しています。ロールプレイを行ったり、医療単語を学んだりするにあたり、中級程度の英語力が必要になるためです。
JET English Collegeでは医療英語コース受講を希望される各生徒様の英語力が十分かどうかを入学前に必ず一度確認させていただいています。入学試験のため、一度JET English Collegeにて簡単な面接インタビューを受けていただき、先生から合格がでれば晴れてご入学可能という流れとなります。

入学スケジュール(英語力条件)
※英語力が条件を満たしていない場合、別途英語コースに通って頂く必要があります。

医療英語コースのスケジュール

授業日程:月~木
授業時間:18:00~19:50(10分の小休憩あり)
入学日:毎週月曜日
※無料体験レッスン・英語力テストは毎週月~木の17:00から行っております!

現場で使える」医療英語を学ぶ理由

「海外の病院・介護施設で使えたり、帰国しても病院で使えたりする英語コースをこの学校で作ってくれませんか?」

オーストラリアの医療施設で既に働いている看護師の皆さんから、頂いた言葉。これがJET English Collegeで医療英語を始めるきっかけとなりました。オーストラリアにワーキングホリデーで渡航し、語学学校での就学を経て、既にいくつもの現地病院で働くという偉業を達成しているにも関わらず、現場での英語に苦悩する毎日を話してくれる看護師さん達。そんな看護師さんの「この英語は使うっ!この英語は使わないっ!」というナマの声を基にJET English Collegeの先生とスタッフが試行錯誤した結果、出来たコースが「JET English Collegeの医療英語コース」です。

JET English Collegeの願いは、医療従事者の皆さんの国際化を円滑にすることです。少しでも多くの医療従事者の皆さんが、このコースを経て、世界の医療従事者や海外の患者さんとのコミュニケーションを英語で円滑に行うことができればと願っております。

多くのスタッフ、英語の先生、看護師さん、薬剤師さん、お医者さん、助産師さん 等、皆さんのご協力を得ながら、日々改善し続けて出来上がったこのコースですが、JET English Collegeの医療英語コースは、これで完成ではなく、日々変わり続ける医療環境の英語をどんどん導入し、工夫を重ね、改善し続けます。

生徒たちの声

  • 実際に現場で使えそう!
  • お互いにトークするから、実感がわいて覚えられる!
  • ちょこちょこカラン方式がでてきておもしろい!
  • 先生の明るさがフルで出ていて楽しかった!
  • ロールプレイをしてみると話すことの重要さがわかる。
  • 患者さんとのコミュニケーションに不安があったので、この表現方法を習えてうれしかったです。

無料体験レッスン

 見学のご予約はこちら

オーストラリアで唯一のカランメソッド本校 認定校

TOEIC Public Test Centre 認定校

次の試験日:2018年01月19日

ページの先頭に戻る